LOG IN

密かに、「自分=世界」だと思っている。自己中心的であるというわけではなく、個人の数だけ世界があるという認識だ。 つきつめれば、「自分は自分、他人は他人」という聞き慣れた言葉になるのかもしれない。 自分たちは生きる時間と空間を共有している。個人という一つの世界が無数に絡み合っている。 個人を個人のみで形成することは不可能であり、複雑に干

最近、少しずつ本が読めるようになった。 文を書く人の中身みたいなものが流れ込んできてそれにとりつかれてしまうからなかなか読めていなかったけど、Twitterの色々な人のつぶやきを読んでいくうちにその辺が随分と楽になった。 そして旅がしたくて、自分がどこにいきたいのかどこに行くべきなのかを探したくて 少しずつ本を読んでいる。 最近は宮沢賢治にすっか

明けまして/うごく

久しぶりに年賀状徹夜をしなかったお正月、この上なくまったり 喪中のため、新年のご挨拶はせず、そうすると何て言うのがいいんだろうといつもとは違う頭で考える それでも、OPEN ART CLASS からのご挨拶が皆さまに届きましたようで、 どうやら皆さま私の絵の一部だと気づいてくださったようで、 ありがたやです。 今年もどうぞよろしくお願いいたします。 引っ越し

とげとげ

とげとげの無いひとになりたい わたしはまだとげとげしている。 あのようなことをしました、このような良いことが起きました 自分のやったことに価値をつけたがるとげとげ 価値を付けたがることを煙たがるとげとげ いくつ売れました、いくらで売れました 気にしすぎるとげとげ、気にしないというとげとげ 実績を残しました 別に残したこと無いけど、今そのような

朝をつくる

日常を変えたいなとつよくつよく思う。 最近は暇があればアパートの情報サイトを眺めている。やってることが具体的である。できれば光の良く入るところがいい。 サイトを眺めては、この部屋でどんな朝がつくれるだろうかと無意識のうちに想像していたこと 気がついてはっとした。 普段、朝の印象が無い。そして気がつけば一日が終わる。 ずっと何かをしていたは